複数形

DSCF7334.JPG



自分でなくなりたい、
単数でなくなりたい
というやるせない憧れが欲なのか。

人間が人間であること
そのものから来る身悶えするような寂しさが性なのか。




女でも男でもいい、
いやそれは物体でもいい風景でもいい、
たった1つの何かとの出会いが、

「自分が自分であること」の淋しさを
超えるための複数形の酩酊のすべてを
もたらしてくれるということがある。

(「幽(かすか)」、松浦寿輝)