骨粗鬆症の予防・治療

DSCF7841.JPG

カルシウムの腸管からの吸収にはビタミンDが必要である。
また、骨はたんぱく質を基質とし、そのうえにカルシウムが沈着したものであるが、
このたんぱく質(結合組織)の生成・維持にビタミンCとビタミンKが関与している。
したがって、骨粗鬆症の予防・治療にはカルシウムの摂取のみならずビタミンD・K・Cが必要である。

(「新 食品・栄養科学シリーズ 基礎栄養学」、灘本知憲/仲左輝子)