基礎代謝

DSCF8435.JPG


基礎代謝は気温の影響を受け、一般に夏が5%低く、冬が約5%高い。
発熱時は基礎代謝も高まり、正常体温を1℃超えるごとに約13%高まる。
低栄養状態では、生体は不足に対する適応現象でエネルギー消費を極力少なくするので、
基礎代謝は低下する。

(「新 食品・栄養科学シリーズ 基礎栄養学」、灘本知憲/仲左輝子)