内話

DSCF8657.JPG


鏡の中の自分とコミュニケーションをとっていくうちに、鏡の中の自分の存在は、
この世の中でとても大きなものになっていました。励まされたり、癒されたり。
自分の人生のパートナーのような存在となってきたのです。
もちろん、妻や夫という伴侶が最大のパートナーであることは変わりありませんが、
鏡に映る自分というのも、やはり唯一無二の存在です。
この自分がいたことで、私自身は自己を磨く努力ができ、自己実現を成し遂げることができたと思っています。

(「長生きしたい人は「鏡」を見なさい」、南雲吉則)