エタノール

DSCF9288.JPG


飲酒はエタノールで20g/日以下に
すべきであるとされている。
大量飲酒者は急激な節酒により
一過性の血圧上昇を来すことがあるが、
節酒を継続すれば降圧が得られる。
一方、高血圧患者では少量の飲酒は
むしろ心血管病のリスクを改善し、
飲酒量と心血管リスクはU型の関係を
示すという研究も報告されている。
しかし、少量の飲酒の
心血管保護効果の有無については、
今後の検討が必要で、
これらの研究の成績をもとに
飲酒をしない人に
少量の飲酒を勧めるべきではない。

(「日本人の食事摂取基準2015年版」、菱田明/佐々木敏 監修)