ココア

DSCF0883.JPGのサムネイル画像



最近寒くなってきて、
ホットココアが美味しい。

ココアの苦味成分は、
カフェインと構造が似ているが、
カフェインより刺激性が弱い。
ココアには利尿作用や
筋肉弛緩作用がある。

食物繊維、マグネシウム、鉄、
亜鉛、銅なども多く含まれる。
茶、コーヒーなどと異なり、
浸出液ではなく、湯に溶いて飲むため、
これらの成分を効率よく摂取できる。

(参考「食品学―食品成分と機能性―」、
久保田紀久枝/森光康次郎)

(写真は、沖縄のブルーシールアイス、
塩ちんすこう味。ココアとは関係ない。)