空腹で運動すると?

DSCF0484.JPG

運動中の主なエネルギー源は糖質と脂質。
空腹で糖質が足りないまま運動すると、
筋肉などの体のタンパク質が分解されて
エネルギー源として使われる可能性が高くなる。
これでは筋肉が減ってしまい、
スポーツトレーニングのためにも、
減量のためにもマイナスになってしまう。

一方、脂質は軽めの運動を長時間するにつれて
エネルギー源として使われる割合が高くなる。
しかし、脂肪がエネルギー源になるためには
酸素と糖質の反応が必要になる。
空腹で糖質が足りないまま運動すると、
脂肪はエネルギーとして使われにくくなる。

ということで、食事を抜いて運動、
空腹での運動はおすすめしない。
朝練の場合、食欲がない、
食べて練習すると気持ち悪い方は
果物や牛乳・乳製品、水分を摂って
朝練をした後に朝食を食べるといいそうだ。

(「コンディショニングのスポーツ栄養学」、樋口満)