温泉卵

DSCF2629.JPG


「卵白の凝固温度は卵黄より高い。
卵黄の凝固温度は65~67℃、
卵白の凝固温度は70℃で
表面が凝固し、内部は不透明。
80度で完全に凝固するので
凝固温度の差を利用して
67℃で加熱すると
温泉卵ができる。」

(参考「2016年版 栄養士実力認定試験過去問題集」、(一社)全国栄養士養成施設協会 編)

なるほど~
温泉卵をうまく作るには
温度計が必要かな??
と思いました。