アミノ酸スコア

CAM01968.jpg

「食品中のたんぱく質を必須アミノ酸の組成から求める方法が、アミノ酸スコア。」
(「新班コンディショニングのスポーツ栄養学」、樋口満)

私なりに簡単に説明すると、
タンパク質の必須アミノ酸それぞれが、
ある基準の量を100%以上満たしていれば、
スコアは100。
どれか一つでも基準を下回っていれば、
その中で最も不足しているアミノ酸が
基準の何%を満たしているかで、
スコアが決まる。
例えば、最も不足しているアミノ酸が、
基準の60%しか満たしていなかった場合、
スコアは60。
そして、スコアが高いほど栄養価が高い。
たくさん摂ってもスコアが低ければ、
栄養価としては低くなるから、
質の良いたんぱく質を摂ることが大事なようです!

アミノ酸スコアが100なのは、
鶏卵、牛乳、牛肉、鶏肉、豚肉、
あじ、いわし、さけ、まぐろ、など。
豆腐(木綿)は82、精白米は65。

食品の組合せで、補い合って
アミノ酸スコアを高くすることもできるけど、
どの食品にどのアミノ酸が足りないor多いなどを
覚えておくのは大変なので、
卵や牛乳、魚、肉、大豆製品を
意識して食べればいいかな~と
私は思ってます!
もちろん、きっちりやりたい人は、
米はリジンが不足してるから、〇〇...で補おうとか
考えて食べるといいと思います。