糖新生とは

20170413就職活動⑧.jpg

炭水化物以外からグルコースを
作る経路である糖新生。
主に肝臓で、乳酸やアミノ酸、
グリセリン(脂質の構成成分)から
グルコースが作られる。
この経路は絶食や飢餓で不可欠であり、
糖新生の機能停止は致命的である!

そして、激しい運動中にも
糖新生は行われている。
筋肉でグルコースを使うことによって
生成される乳酸が肝臓に送られ、
糖新生によってグルコースが再生産される。
糖新生によって、筋肉がエネルギーを
生産する負担は軽くなり、
その負担は肝臓へ移る。

(「第4版(原書7版) マクマリー生物有機科学 生化学編」、菅原二三男)


なるほど~!
断食しても元気でいられたり、
激しい運動に耐えられるのは、
糖新生のおかげなんですね。
ちなみに、参考文献の文章を
一部分かりやすい言葉に変えたので、
引用ではないです。
(ブログ作成者Yuiより)