基礎代謝

DSCF4446.JPG

最近寒くなってきたので、
基礎代謝の話をします(唐突)
冬と夏ではどちらが基礎代謝量が高いのか???
発熱時の基礎代謝量はどうなるのか??

(管理栄養士資格取得までの勉強に

しばらくお付き合いください)

・・・

基礎代謝量に影響を与える要因は
いろいろありますが、
まず、気温と発熱による影響について書きます。

①気温
基礎代謝は気温の影響を受け、
一般に夏が約5%低く、
冬が約5%高いです。

これは、気温が高いと筋肉が緩んで
代謝が低下するからです。

一方、気温が低いと筋肉が緊張して
代謝が亢進します。

②発熱時
発熱時は基礎代謝も高まり、
正常体温を1℃越えるごとに
約13%高まります。

・・・
基礎代謝量に影響を与える
ほかの要因としては、
体表面積と体重、年齢や性別、
内分泌機能、月経時および妊娠、
栄養状態があります。

年齢による影響については、
"体重あたりの基礎代謝量"は
1~2歳のときが最も高く、
以後加齢とともに低下します。

"1日の基礎代謝量"のピークは
男性では15~17歳、
女性では12~14歳で,
以後低下します。

また、女性よりも筋肉が多い
男性のほうが基礎代謝量が多いです。


以上、基礎代謝についてでした!
風邪等にお気をつけてお過ごしください~。

(参考「新 食品・栄養科学シリーズ 基礎栄養学(第3版)」、灘本知憲/仲左輝子)