2匹の狼

DSCF3432 - コピー.JPG


どこかで耳にした短いお話をひとつ。

・・・

年取った男性が、孫に言いました。

「人間の心には2匹の狼が住んでいてね、
 いつも闘っているんだ
 片方の狼は憎しみのかたまりで、
 もう片方は心が優しいんだ」

孫は興味津々で尋ねました。
「どっちの狼が勝ったの?」
「お前が餌をやったほうさ」

(「遅刻してくれてありがとう 上」、トーマス・フリードマン)

誰かのせいにしたくなりますが、
どっちの狼に餌をやるかは
自分が決めているんですよね。

毎回の選びが重要。
自分次第ですね。