アメリカ出張の罠7つ

31537.jpg

私の人生初のアメリカ行きは、
去年の10月、仕事でのアメリカ出張でした。

仕事とは言え、
アメリカを楽しんだのはもちろんですが、
なかなか日本を出ることが無いので、
アメリカ出張で
たくさんの罠に引っかかった筆者でした。


その中から、アメリカ出張の罠7つを紹介します。


1.パスポート忘れそう

忘れるわけがないかと思いますが、
意外と忘れそうなのがパスポート。
アメリカへ行くために
「ESTA(エスタ)」というものを申請して
すっかり安心してしまい、
パスポートを忘れそうになりました。


2.ホテルのチェックインにクレジットカードが必要

私の宿泊先のホテルでは、
チェックイン時には
クレジットカードの提示と
少額の支払いがありました。


本人確認のような意味合いでの
クレジットカードの提示です。

ホテルの有料サービスを使用しなければ
チェックイン時に支払ったお金は
返ってきますのでご安心を。
それ以上使用した場合は
もちろん不足分を請求されます。

※クレジットカードの提示が必要なのは
 一部のホテルです。

当時、筆者はクレジットカードを
所持していたものの、
パスワードを忘れていました(アホ)。
同行していた先輩が本人の分と私の分、
2枚のクレジットカードを
提示してくださいました( ;∀;)
本当に助かりました。


3.チップを払うのはマナーのようなもの

ホテルでは枕元にチップを置き、
外食時やタクシー使用時には、
10%程度のチップを上乗せして支払いします。
チップを払ったほうが
部屋のクリーニングを丁寧にやってくれるとか。

ホテル代が1日約1万円だったので
枕元へのチップにその10%、約1000円を
毎日払わなければならないと勘違いし、
もったいない精神でしばらく払わなかった私。

最終日近くになって、
枕元のチップは1ドル程度でも良いことを知り、
やっと1ドルをチップとして枕元に置きました。
その朝、チップを置いて部屋を出て、
部屋に戻ってきたときには
きちんとチップが消えていて面白かったです。

最終日はたしか、
1ドルと小銭全部を
枕元に置いて部屋を出ました。

31527.jpg


4.料理は美味しいが時々しょっぱ過ぎたり、
 帰国後にニキビが大量発生した

料理はおいしいし、ボリューミー。
量が多いので料理を持ち帰れるのは嬉しい。
※ちなみに、食べ残したラーメンも持ち帰り可( ゚Д゚)

↓お肉たっぷり、パリパリバゲットで包まれたサラダ

31539.jpg


しかし、たまに料理がしょっぱすぎます。
特に驚いたのは、サラダがしょっぱかった時。
塩を大量にかけたのかと思うほどのしょっぱさ。

また、時差ボケによる不規則な睡眠と
外食&飲み会の食生活のせいか、
帰国後にはニキビが大量発生しました。

やはり育った食文化、体質によって、
体が受け付けるものが違うのでしょう。
おいしいからこそ残念です。
何年か住んだら体が慣れるかな??

ちなみに、
今回訪れたシカゴの3大有名料理は、
●ディープディッシュビザ
●イタリアンビーフ
●シカゴドッグ(シカゴのホットドッグ)

↓ディープディッシュピザとサラダ
31533.jpg
食べた後の持ち帰りでこの量。
ドレッシングもたっぷりサービス。


5.ものもらいになった

疲れや寝不足のせいか、ものもらいになりました。
合う薬があるか不安でしたが、
ネットで調べた後、
ドラッグストアWalgreenで
ものもらい用目薬と軟膏を購入。
Walgreenまで車を
走らせてくださった先輩に感謝です。

軟膏の方は詳しくは忘れましたが、
以下を使用し、徐々に良くなりました。

●目薬:Walgreenの「Stye Eye Drops」
●軟膏:Stye用軟膏

31547.jpgのサムネイル画像


あと、軽傷ですがお肌が乾燥しました。
シカゴ特有の気候か、
シャワーの水か備え付けのボディーソープが
合わなかったのか分かりませんが、
お肌の乾燥がひどかったです。
筆者が敏感肌だからかもしれません。
いつも使っているボディーソープ、クリーム等を
持参することをおすすめします。


6.黒ずくめで飛行機に乗った

帰りの飛行機で楽な格好で寝たかったため、
持っている中で楽な服を組み合わせたところ、
全身黒ずくめになってしまった筆者。
さらに、マスクを着用した状態で空港へ到着。

この格好でシカゴ空港で搭乗チェックの際、
同行者はスムーズに通過したが、
私の黒ずくめ&マスクが怪しまれたのか、
私だけ脇に連れて行かれ、
リュックと服の表面を拭き取り検査されました。
結果は、もちろん問題なしでしたが、
ドキドキした瞬間でした。


7.頼まれたお土産がなかなか見つからない

アメリカ育ちの旦那さんに
頼まれたお土産は、2つのお菓子。

●SNYDER'S(ハニーマスタードオニオン味)
●Take5(チョコレート菓子)

どこにでも売っていると思っていましたが
なかなか見つからず、
SNYDER'Sは3つほどスーパーを回って入手。
Take5はスーパーでは見つからず、
空港の中の売店でギリギリGET。

私もこれらのお菓子を食べてみたところ、
SNYDER'Sのハニーマスタードオニオン味は
本当においしくて最高です。
味はもちろん、プレッツェルの歯ごたえが良く、
食べだしたら止まりません。

Take5は以下の5つで構成されているお菓子です。
●ミルクチョコレート
●プレッツェル
●ピーナツバター
●キャラメル
●ピーナッツ

いろんな食感が感じられて楽しいですが、
日本人には少し甘すぎる印象で
私は一口で満足という感じです。

ちなみに、余談になります。
私はブラックサンダーが好きですが、
Take5は甘すぎると感じました。
一方、旦那さんはTake5が好きですが、
ブラックサンダーは甘すぎるとの意見。
どちらの方が甘いのか謎です。

以上、アメリカ出張の罠7つでした。

31526.jpg

Snyder's Honey Mustard and Onion Pretzel pieces 125g