大学生として

栄養士を目指す女子大学生。
何を食べても太ると言われている年齢のこの時期、
健康のため自炊やストレッチに力を入れている未来の栄養士。

20歳前後の女子大学生の唾液に含まれるアミラーゼの活性はかなり強く、
太りやすいというのは大学生になってから
レポートを書くために読んだ本
(「基礎実験有機化学」、井上尚人/山口勝三共著)
から知った事実だ。

美ボディを手に入れるため、
身体に良い食事・適度な運動・良質な睡眠は必須だ。
特に大学生になり、栄養士になる ための勉強をしていくうちに
食事の大切さをますます実感している。
最近私が美と健康のために気を付けていることを5つだけ紹介する。

  1. 21時以降はスマ ホ禁止(重要な用事がある場合は仕方ない)。
  2. 姿勢を良くする。
  3. 朝起きたら白湯を飲む。
  4. カーテンを開けたまま寝る。
  5. なるべく温かい飲み物を 飲む。

これらを日常生活に取り入れるだけで、
心身は今よりもっと健康になる。
自分に合った、少し頑張れば守れるルールを作ることがオススメだ。

食事に気を 付けることはもちろん、
生活習慣を見直すことで毎日がもっと快適になる。
栄養について勉強していくうちに健康への興味が深まり
いつの間にか自分の生活を改革中の大学生でした。

長生きしたい人は「鏡」を見なさい、南雲吉則

更新日: